省エネ診断のススメ 朝日設備工業株式会社

CO2(温室効果ガス)の削減は大企業だけの問題ではありません

今や地球温暖化対策は、すぐにでも着手して、これから後も永続的に取り組んでいかなければならない人類の最重要課題と言っても過言ではありません。「経済活動の発展」と「環境問題の解決」を両立させた社会、これを将来的に続けていくためには、まずエネルギーをムダなく・効率よく利用する「省エネ(省エネルギー)」を推進していくことが大切になってきます。またそれは、大企業だけに限った課題ではなく、現在では中小企業や医療機関、教育機関にも当てはまる課題なのです。

そこで、まずは省エネ診断から。

省エネ診断をご存知でしょうか?省エネ診断とは電気やガスなどの使用状況を診断し、省エネ設備の提案や技術的な助言を行うことを言います。
これに加えて既存設備の使用方法を改善する技術の支援を行うのを運用改善支援事業と言います。各事業所ごとに省エネ対策の提案や運用改善の支援を行い、これを通じてエネルギーのムダ使いをなくすことで、「経済活動の発展」と「環境問題の解決」を両立させる意図があります。そのために現在無料で省エネ診断・運用改善の支援が行われています。

地方の中小企業、医療機関、教育機関など、すべての団体の1つ1つの取り組みがCO2削減の鍵を握っています。

こんな悩みはありませんか?今すぐ無料診断をオススメします!

車や冷蔵庫などのエコ製品には補助金がでているけど、建設設備には補助金はないの?設備投資コストを抑えて、毎日のランニングコストを下げたいんだけど・・・
省エネ診断は国からの補助により無料です。設備改修を行った場合も各種助成金やCO2排出権取引による収入を活用して初期投資を減らし、設備を維持していくコストも削減します。
これからは環境の時代。環境にやさしい企業にならないと顧客からの受注に影響しそうだけど、どこから着手してよいかわからないんだけど・・・
エネルギーの使用量等を測定・記録して、省エネ効果を明らかにします。CO2排出権取引を行えば、認定書を受理でき、環境にやさしい企業をアピールできます。省エネ効果が高い箇所など専門の技術者が分りやすく説明します。

省エネ診断はこんな方々に最適です!

  • エネルギーコスト(電気・ガス・水道料金など)を削減したい
  • 専門家に改善すべき点を診てもらいたい
  • 地球温暖化防止に貢献し、自社のイメージアップを図りたい

受診対象 医療機関、工場をはじめ、店舗、学校、ビルなど業種、施設は問いません。

国と大企業が「燃料コストの削減」「企業のイメージアップ」への取組みを強力サポート!

国内クレジット制度 ソフト支援事業
省エネ更新
国内クレジット制度を活用することで中小企業のコスト削減と大企業の経済効率的な地球温暖化対策が可能になります。

国内クレジット制度とは?

国内クレジット制度は、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている、大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等が行った二酸化炭素の排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みです。中小企業等における排出削減の取組みを活発化、促進することを目的としています。

中小企業等 省エネに関する資金・技術 国内クレジット 大企業

導入事例

  • CASE1
  • CASE2

無料省エネ診断、本制度についてもっと詳しく知りたい方はまずはお気軽にご相談下さい

省エネ診断フロー

診断のお申し込み 図面の確認と事前現地調査 診断の実施 データ分析と報告書作成、省エネプランのご提案 設備更新 改善後のフォロー

省エネ診断では予備調査・簡易診断・詳細診断などプロセスを経て、「建物管理の改善」「軽微な改修」「長期修繕計画で改修を考えていくもの」に分類して提案を行います。
具体的なリニューアル手法の実行のみならず、リニューアル後に省エネ効果を検証するので、確実な省エネリニューアルを実現いたします。

地元の省エネ診断コンサルタントにご相談ください

大量生産・大量消費の時代が終わりに近づき、世界各国が100年に1度と言われる不況に苦しむ中、次の時代のキーワードは「環境」であることに疑問を感じる人はいないでしょう。今までの国の対応は環境負荷の大きい大企業中心でしたが、大企業だけでは京都議定書で設定された削減目標には到底達することが出来ません。このため近年、国は対象を広げ中小企業や地方の団体に対して、省エネを積極的に後押ししています。環境にやさしい企業・団体であることを顧客にアピールしながら、毎日の設備維持コストを削減していくことがこれからの企業・団体に求められている姿であると考えます。

省エネ設備更新を検討する上で以下の2点が重要です。

設備更新後も対応できる業者を選定する

大手機器メーカーの中には機器の更新のみに注力し、その後のフォローが不十分なケースがあります。安心の地元業者を選定してください。

部分的な効率のみを追求しない

設備更新で省エネを実現するだけではなく、資金調達・維持管理・労働環境の向上など中小企業の解決すべき課題は常に山積しています。経営工学の技術士の立場から経営の視線で省エネ提案を行います。

貴組織のますますのご発展のために、そしてこれから育っていく子どもたちの未来のために、ぜひ省エネ診断を実施してください。

渡邊 直哉

技術士(経営工学部門)。
1969年岐阜市生まれ。
1994年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。同年山武ハネウエル株式会社(現在のアズビル株式会社)入社。自動制御機器の開発、省エネ設備更新提案・施工ならびに効果実証などの業務に従事。
現在,当社代表取締役。
■主な保有資格
1級管工事・電気工事・土木施工管理技士、登録1級建設業経理士、 公害防止管理監督者(水質)

会社情報

朝日設備工業株式会社

創業50年を超えるの信頼と実績

朝日設備工業株式会社
所在地 岐阜県岐阜市早田栄町4丁目28番地
電話 058-231-5411
FAX 058-232-6500
メールアドレス info@asahisetsubi.co.jp

ISO9001マネジメントシステム登録証

建設業許可
岐阜県知事登録 第198号  特定建設業(管・水道施設・機械器具設置・土木)
一般建設業(電気・消防施設・さく井)

ISO9001:2008 取得
品質マネジメントの国際規格である ISO9001:2008 を取得しています。

JSA

会社案内はこちらから

特徴1

実績

特徴2

技術

1級管工事施工管理技士…17名 1級土木施工管理技士…7名 1級建築士…1名
建築設備士…1名 技術士…1名

1級配管技能士…11名

特徴3

挑戦

新分野への参入や新技術の吸収のため、メーカー研修への参加や社内研修会を積極的に開催するなど
、 全社員が意欲的に取り組んでいます。

社内一貫体制で、設備更新後のサポートも万全

WEB診断受付中

省エネ無料診断についてのお問い合わせ、ご相談はこちらから

  • 058-231-5411
  • 058-232-6500

FAX用お問い合わせダウンロード

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ

朝日設備工業ホームページTOP会社情報お問い合わせ

Copyright © 2009 朝日設備工業株式会社. All rights reserved